医療用ウィッグの選び方

自然なアレンジで医療用ウィッグを楽しもう

医療用ウィッグというのは、抗ガン剤治療などによる脱毛などで悩んでいる人が、一時的に着用する人毛を使用したウィッグのことで、2015年にJIS規格が制定されました。
この規格では、頭皮に直接接触する部分に対して、有害物質の検出度や皮膚刺激数、使用頻度が高くなることに対しての、耐久面の性能など、細かく試験方法を定めています。抗ガン剤などで脱毛をした場合、頭皮を保護する役目もあり、脱毛によるサイズの変化にも対応するなど、通常のウィッグとは異なるポイントもあります。

人毛100%の医療用ウィッグはどうやって作られている?

人毛100%の医療用ウィッグはどうやって作られている? 人毛100%の医療用ウィッグは、カラーリングやドライヤーなどはもちろん可能で、自然な髪型を楽しむことができます。
医療用ウィッグで気になるのはつむじですが、結び目が見えない二重式構造の人工肌を使用していますから、近くで見ても本物の頭皮にしか見えませんから、安心して利用することができます。
総手植えは、毛流れが自然で、頭皮から髪が生えているような仕上がりになっていますから、自然なヘアスタイルを楽しむことができます。
また、一時的な脱毛症や抗ガン剤治療中などで、毛量の増減がある場合、サイズが変化してしまいますが、医療用ウィッグであれば、サイズの変化にも対応していますから、長時間の着用でも快適に利用することができます。

人毛の医療用ウィッグ、フィット感を出す秘訣とは

人毛の医療用ウィッグ、フィット感を出す秘訣とは 医療用ウィッグには見た目の自然さや髪に触ったときの手触りに加えて、ぴったりしたフィット感がとても大切です。抗がん剤や脱毛症の治療中は髪の状態が大きく変化することがあり、自毛の増減で頭のサイズが変わることに対応できるネットベースを選ぶことがフィット感を出す秘訣です。
上下左右に伸び縮みするようなストレッチ素材を採用している医療用ウィッグなら、頭全体を優しく包み込むため締め付け感がなく付け心地が快適です。できれば軽い素材を使用して通気性のいいものならば、蒸れが生じにくいためさらに快適な着け心地になり1日中着用していても気になりません。
後頭部にアジャスターがついているタイプなら、頭の大きさに合わせてその都度サイズを簡単に変更できるため大変便利な機能です。熟練の職人が1本ずつ丁寧に植毛した人毛の医療用ウィッグなら、仕上がりが大変自然で頭へのフィット感が抜群です。
手植えの人毛ウィッグは軽量で疲れにくく分け目部分をリアルに再現しているため、見た目にもウィッグとわからないほど自然です。頭のラインにフィットするため顔に馴染むのが特徴で、アレンジ次第でいろいろなスタイルを楽しむことができ出掛けるのが楽しくなります。

おすすめ医療用ウィッグ

低価格で高品質な、通気性抜群の自然な医療用ウィッグのサイト

医療用ウィッグ 人毛